webb.jp




踊る



こどもたちと遊ぶ
それは
ひとつのなりゆき。
一瞬々々の声
お互いを見つめる動き
何を思うのか。
何をしたいのか。
行き交う一人ひとりの一員として
そこに居合わせる。





6.18   昨日の夜、ホタルが一匹擦りガラスの向こうで光った。逡巡して、眠気に任せてその間合いの出会いに終わらせて構わんと言う数秒のちに、いや、確かめに行こうと、靴下を手に取り蚊帳の隙間から出て、縁側の戸を開けた。夜中の暗い庭先の真っ暗な木陰をしばらく凝視したが、暗いままだった。あれはホタルだったろうか。

Odorlu


every moments, surrounding include ownselves,
touch and react continuously   → En





なし崩し的発生

あの日は特に何の気なく日曜市へ行ったのだったか。
貴重な友人が居てくれるのをいい事に
たむろしていたらそれとなくやはり
自然今日はやらないのかという事になり、
じゃあやろう、と即興的に合点して
ぶしつけな当日開催が始まる。

だから何をしたかと言われて
家の周りで缶ケリをした記憶である。
あれはトマト缶だったろうか。同じものがいくつか発掘された。
いやあれはあの日だったろうか。
コースケがソースケと来た日はあの日だったろうか。
母屋隣の記憶が混ぜられて一体となりつつあるような
微かな胸の中の年輪を、指でなぞるような確かめも
まるで不確かだ。

continue →





2020

4/1- suspend ・休止中

3/13 mild 3/1 wild

2/25 mild 2/19 odorluika 2/5 odorluika

1/26 wild


2019

12/23 mild 12/16 wild 12/11 odorluika 12/7-8 temporary odorluika

11/24 wild 11/22 mild 11/20 odorluika 11/13 odorluika




wild - 野生の雄叫び

mild - ベテランの佇まい

odorluika - つくろうぞ何か

月々